形式

住居は、大まかに分けるとマンションなどの集合住宅と土地つきの一軒家とに分かれる。一軒家はさらに土地だけを購入して、自力で建てる注文の形式の場合と、あらかじめ建築が済んでいる戸建の形式として購入する場合とに分かれる。

戸建

戸建としての不動産はすでに出来上がっているために、自力で不動産を建てる場合と比較すると、建築の計画や発注などの面倒な工程を省けるというメリットがある。家を建設する際の工事の途中において、思いがけない追加の費用を請求されたり、できあがった家が当初の予定の建築の内容とかけ離れていたといったトラブルに遭遇する可能性が比較的に少ないのである。
戸建の形式で購入する時には、契約の締結の段階においてトラブル防止のためにもっとも大切な事は、契約書に関する内容の把握である。内容の把握に自信がないなら、身近にいる法律家などの助力を借りて、契約書を完全に理解をする努力が必要である。業者に都合の良い解釈に慌てても、手遅れになる可能性が高いため、内容を把握することに力を注ぐ必要がある。

建売

すでに完成している住宅購入する場合の建売の住宅に関して、すでに不動産に関して検査が完了しているために、注文での形式で建てた場合に必要な建築の確認などの手続きが不要であるメリットがある。
また、建売での形式として、立地場所や外観や間取りなどの方角が、現地検分で簡単に判明できる所が良いところである。しかし、不動産としてできあがっているものの、問題点が表面化されていない可能性を考える必要がある。不動産購入する時には、住宅に関する重要の事項の説明書をよく確認して、様々なトラブルが起こらないように購入を検討することが大切な事である。
建売の形式は、購入した後で不具合に気づいても手遅れとなる可能性が高いため、契約の際に提供される重要の事項の説明書の確認を怠らない事である。重要の事項とは、登記の帳簿で明らかになっている不動産の権利の関係や建築の基準の法律に基づく建築制限などが存在する。その他に、契約の解除に関する事項や手付金などの保全装置が存在する。